採用情報
見せる工場

地道な取組みをしっかり継続して、
「見せる工場」を実現しています。

見学者から評価され、さらにクリーンな工場をめざして…

見学者から評価され、さらにクリーンな工場をめざして…

ダイヤ精機製作所では、積極的に工場見学の希望者を受け入れています。岡谷市・諏訪市はもとより近隣の市町村、また県外や海外からも工場を見学したいという希望者がいれば、日程を調整のうえ、総務担当者が工場内を説明しながらご案内いたします。最先端の新商品開発など機密事項に属する製品以外はすべてオープンに公開し、当社のものづくりの現場をご覧いただいています。見学者からは「整理整頓が行き届いている」「工作機械がきれい」「社員の挨拶が気持ちいい」「環境や省エネへの配慮が素晴らしい」といった感想が寄せられています。学生たちからは「これまでの製造業の油まみれのイメージが全くないんですね」という率直な意見が数多く聞かれます。
工場内が清潔かつクリーンであることは、環境にやさしく、また安全にもつながります。労働無災害1,130万時間達成(41年間)の記録を日々更新し続けているのがその証しと言えるでしょう。我々は、工場が築50年の建物でありながら、これだけ「クリーンな工場」として評価されているのは、長年培ってきた社風とともに、日頃の地道な取組みの成果であると考えています。

取組みその1 環境マネジメントシステムに基づく活動

ISO14001認証取得の環境方針を定め、以下の4つの環境目的・目標を掲げています。

  1. 改善提案による省資源、省エネ化の推進 
    一人当たり6件以上の改善提案という目標を掲げ、いい提案は実践しています。
  2. ピーク時の消費電力の削減 
    デマンドコントローラという電力監視システムを取り入れ、使用電力が目標の設定値を超えようとした場合、管理部門から各部署へエアコンを一時的に切るなどの処置を通達しています。
  3. 産業廃棄物(切粉全般)の廃棄、リサイクル率の向上 
    機械を加工する際に出てくる切粉等の分別を徹底し、リサイクルを促進しています。
  4. 刃物、工具類(消耗工具)の削減 
    機械を加工するときのドリルなど、徐々に摩耗する工具を研磨しながら大切に使い、消耗工具の購入費用を抑えています。

環境マネジメントシステムに基づく活動

取組みその2 TK(体質改善)活動

環境マネジメントシステムの活動と密接な関わりを持ち、それを実践的に補足する役割をTK活動が担っています。目標は2つです。

  1. 必要な「書類」「治具」「工具」を30秒以内に取出すこと。
  2. 「人・物・時間のムダ」を排除すること。

これを達成するための具体的な実践として、毎週月曜の午後5時からの30分をTK活動の時間としています。第1と第3の月曜日は、主に職場の清掃や整理整頓。計画表をチームリーダーに配布して、床清掃や窓ふき、機械清掃などその日のメニューに沿って、一斉に作業しています。第2月曜日は「改善提案立案日」と決められ、それぞれに考える時間としています。

取組みその2 TK(体質改善)活動